スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今度は瓶づめの苔、苔瓶をつくってみる

さて、昨日苔盆をつくりましたが、昼間その苔を眺めていたところ、どうしてももう一つ作ってみたくなりました。
幸運にも(?)、実家から取ってきた苔が少し残っていたので、今回は苔の瓶詰めを作ってみたいと思います。

というのも、本日はあいにくの曇り空。せっかくのGW最終日に日が出ず寒い気候だったのですが、苔の生育にはちょうど良く、実家の春先の気候と似た感じになっていました。
ということで、苔の日光浴(曇り空の下の薄日で)をやったのですが、今後暑い夏、とくに東京の夏を考えると、どうやって乗り越えるのかが問題になりそうです。
とくに苔は日光で栄養を作り出すにもかかわらず(栄養を吸い取る根がないため)直射日光が当たると枯れてしまいます。
また、暑さにも弱いため、なるべく家のなかで育てたいのですが、家の中だと今度は日照不足となってしまいます。

ということで、瓶詰めにし、乾燥から守りつつ、LED電球で照らしてみたいと思います。

で、まずは材料です。
苔はこの間の残りとして、その他を100円ショップで仕入れてきます。

まずは、入れ物。ダイソーの蓋付きガラス容器です。

20140507_100円ショップの蓋付き瓶

本当は透明な蓋が良かったのですが、近くのダイソーには、カラフルな蓋しかありませんでした。
仕方ないので、出来るだけ苔の色に近い緑にしてみました。
折をみて、蓋については工夫してみたいと思います。

で、次に、中に敷き詰める石です。
瓶詰めで、常時水をいれ蓋をしておくため、苔に水があたらないように石を敷き詰めます。
今回は100円ショップで金魚鉢用の底石を買ってきました。
20140507_100円ショップの金魚の底石

中身は白い石と色が付いた石の混合ですが、今回は落ち着いた雰囲気をだすために(蓋が緑なので、落ち着いたもなにもないのですが)色の石のみを選別して入れます。
白い石だと、今後汚れたときに見栄えが悪いことも考慮します。

20140507_瓶に石を敷き詰め

で、この上に水ごけを敷き詰め、その上に苔を配置します。
残った苔のため、小さな苔がおおく、どうしてもきれいに敷き詰まりませんが、今後の生長を期待し、とりあえず入れ込みます。

20140507_石の上に苔をセット

で、最後にLEDで照らします。
本当は、蓋に穴を開け、そこから照らそうかと思ったのですが、ちょっと時間がかかりそうなのと、緑の蓋かを通して照らすと意外ときれいに見える(茶色く変色した苔がすべて緑に見える!)ので、いったん今日のところはこの形にしてみました。
20140507_100円ショップのUSBLED電球セット

これも様子をみながら、いろいろ変えてみたいと思います。
(そもそも、植物に緑色の光をあてて、光合成の役に立つのか?という疑念もあるので)

ちなみにこのLEDも100円ショップで売っていたものです。USB経由で光ります。

ということで、これをパソコンの机にもっていき、設置しました。
パソコンにUSBケーブル(延長コードも100円ショップで売っていました)でつなぎ、点灯します。
これで、パソコンを利用している時間(一日数時間くらいでしょうか?)は、光に照らされることになります。

20140507_LEDで照らした苔

緑色の光に照らされ幻想的な雰囲気になっています。

胞子の芽(?)も散見されるので、このまま広がってくれれば!と期待しています。

----------------------------------------------------------------------------------







関連記事

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

びょんびょん

Author:びょんびょん
びょんびょんの日々。いろんなもののいろんな感想を紹介。
http://ichinchiichigaku.blog.fc2.com/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



サイト内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。