スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コストコの冷凍イチゴを買ってみる

GW後半は都内から脱出することをあきらめ、都内近県で過ごしていました。

で、またもやコストコです。

GWは子供も家にいるため、食べ物の消費がいつもより多くなります。よって、コストコで多少大物を買ってきたとしても何とか食べきれるだろう!とおもい、今回はいつも買おう買おうとおもっていて手が出せなかった冷凍イチゴを買ってきました。

20140506_コストコイチゴ外袋

どーん。
と、こんな感じです。
ぜんぜん大きくないじゃないか!と思われるかもしれませんが、外装のプリントしてあるイチゴは拡大版なので、実際はかなり大きな袋になります。

で内容量ですが、2.72kg! 価格はたしか(うろ覚えですが)1200円前後だった気がします。
産地はアメリカですね。

中を覗き込むとこんな感じです。
20140506_コストコイチゴ中身

買ってきて多少時間がたったために、霜がはっていますが、当然冷凍イチゴなので、かってすぐはカチカチに凍っています。
見てわかるとおりヘタはついておらず、このまま食べられます。


我が家の冷蔵庫はあまり大きくなく、当然こんな大量のイチゴは冷凍しておくことが出来ないので、がんばって消費します。
ただ、冷凍イチゴなので、溶けると普通のイチゴとはことなり、ぶよぶよした感じになります。
なので、基本はシャーベット上で食べるか、加工することになります。

今回はミキサーでシャーベットにして食べてみました。
20140506_コストコイチゴ

さて、家族5人でスムージーにして飲みましたが、一向に減る様子がありません。
そのままでも食べてみましたが、凍っているためたくさん食べられないのと、日本のイチゴとことなり酸味が強いため、パクパク食べるようなかんじではありません。

ということで、残りはジャムにしました。

我が家にはMKのホームベーカリー(HB-100)がありますが、これにはジャムをつくるモードがあります。
1時間30分で自動でジャムを作ってくれるので、これをつかってジャムにしてみました。

作り方は簡単で、かるくフォークの背でつぶした冷凍イチゴを砂糖とレモン汁とあわせてHBに突っ込み、スイッチを入れるだけです。

あとは、待っていれば、勝手にジャムができますので、出来たらビン詰めします。
今回は大量にジャムが出来たため、コーヒーの空き瓶もつかって詰め込みました。
下の写真は800g分なので、買ってきたイチゴ全体の1/3以下の分量で作ったものになります。

20140506_コストコイチゴジャム

ジャムとしては酸味、香り等がつよく、非常においしいイチゴジャムになりました。
子供の受けもよく、
(子供はスムージーにしてのむほうが良かったそうですが、それだと日持ちしないので・・。)
パンのお供にたっぷりのジャムができました。

コストコには冷凍果物がほかにもいくつかあり、ブルーベリーやほかのベリー系もありますので、今度はそちらにも挑戦してみたいと思います。

また、冷凍イチゴをつかって、今度はほかのお菓子にも挑戦してみたいと思っています。
(それよりもまず、もう少しおおきな冷蔵庫を買ったほうがいいかもしれませんが・・)

-------------------------------------------------------------------------
近くにコストコがない方は、Amazonでも購入できます。


MKのホームベーカリーはこちら。我が家ではもう何年もつかっているので新型のHBK-100になっています。


関連記事

テーマ : お料理
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

びょんびょん

Author:びょんびょん
びょんびょんの日々。いろんなもののいろんな感想を紹介。
http://ichinchiichigaku.blog.fc2.com/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



サイト内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。