スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャトルシェフとマグロのアラで、コンフィ(シーチキン?)をつくる

近くのスーパーでよくマグロのアラが売られています。
よくそれを買ってきては漬けにしたり、ネギトロをつくったり、ステーキにしたりとするのですが、今回はオリーブオイルで煮込んでコンフィにしてみたいと思います。

で、コンフィの作り方ですが、どうも、油で(揚げるのではなく)煮るとのこと。
大体の温度ですが、80度以下でじっくり煮込むのがいいようです。

で、低温で煮込む、となると炊飯器の出番なのですが、魚のにおいがつよいマグロを炊飯器でじっくり煮ると、炊飯器にマグロのにおいが付いてしまい、家族の不評を買いそうです。
ということで、今回はシャトルシェフを使うことにします。

まずは、下ごしらえから。

買ってきたマグロのアラはこんな感じ。
実際は先週末に安かったので購入後冷凍してありました。それを解凍したものになります。

20140216マグロのアラ

いつもなら脂がのっている部分はスプーンですくってネギトロにでもするのですが、今回は一週間たってしまっているので、残念ながら全部煮てしまいます。

とりあえず、全体に塩をまぶします。
まぶした後、ざるに入れ、ボールの上におきます。
これで、余分な水気がぬける(はず)です。

20140216マグロのアラ塩で水分抜き

30分~1時間ほどおいたら、かるく塩をおとし(付きすぎているところは水でちょっとあらい)キッチンペーパーで水気をふき取ります。

その後、シャトルシェフのなべ底に並べます。

20140216マグロのアラなべに入れる

この後油で煮るのですが、油の量を少なくて済ますには切りそろえて並べたほうがいいようです。
とくに高さがでこぼこしていると、全体が油で沈むためにはそれなりのオリーブオイルが必要になってしまいます。

で、ここに味付けします。
塩味は先ほど付いていますので、加えて、コショウ、にんにく、月桂樹の葉を入れます。
20140216マグロのアラ味付けする

で、その上から、ひたひたになるまでオリーブオイル(エクストラバージンオイル)を入れます。
20140216マグロのアラオリーブオイルを入れる

さて、ここから調理です。
温度計があれば温度計で測り油をかき混ぜながら、油が70度くらいになるまで暖めます。
温度計がなければ、大体下のほうから泡がぼこ、ぼこっと出てくるくらいが(出てきているところあたりが)70度程度かと思います。

このとき、まだ、マグロの中は20度程度にしかなっていませんが、これ以上熱してしまうと周りが揚がってしまうので、ここでいったんシャトルシェフで20~30分ほど保温します。

だいたい20分~30分ほどすると、周りの油の温度と、マグロの中の温度がおなじくらい(大体50度くらい)になりますので、そうしたら再度なべを70度くらいに温めます。

これを2回くらい繰り返し、あとはなべをシャトルシェフに入れたまま一晩置いておきます。
(たぶん、一晩もおく必要はないと思うのですが、夜作ったので・・。)

で、出来上がりはこんな感じです。

20140216マグロのアラのコンフィできあがり

盛り付けはかなり適当で、さらに食べやすいようにはさみで切ってしまっているので、見た目は非常によくないのですが、マグロの臭みも強くなく、脂っこくもなく仕上がりました。

家族の昼食に出したところ、みんなで半分くらいはなくなりました。とくに炊き立てのご飯とあわせて食べると塩加減と魚のうまみがマッチし、とてもご飯が進みます。

あとは、なべに残ったオリーブオイルですが・・。
このあとフランスパンを焼いてつけて食べるか、さらに別な魚を煮てみようか、思案中です。

---------------------------------------------------------------


サーモス シャトルシェフ を楽天で探す



関連記事

テーマ : お料理
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

びょんびょん

Author:びょんびょん
びょんびょんの日々。いろんなもののいろんな感想を紹介。
http://ichinchiichigaku.blog.fc2.com/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



サイト内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。