スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

dm1-4200にSSD(Kingston SSDNow V300)を装着

購入して4ヶ月ほど。

HPのdm1-4200のHDDをSSDに交換しました。

dm1-4200ですが、バッテリーの持ちもよく、家の中でテレビ見ながらちょっとネットを見る、という用途に使っていました。
ただ、CPUが遅い以上にHDDの遅さが目立つため、今回思い切ってSSDへ交換することになりました。
このPC自体の購入価格が3万円弱なので、SSD含めても4万円いかず、まあ、いいんじゃないかな、ということでの決断です。

で、SSD選びですが、散々迷った上で、
 ・そんなにいいものを購入しても、きっとCPUネックになるだろう
 ・容量は128で十分だろう(母艦のデスクトップPCが存在するから)
 ・安いに越したことはないだろう
 ・人とはちょっと違うものにも手を出してみたい・・(?)
ということで、価格.comにも掲載がなく、ネットを探しても買ったという書き込みも、ベンチマークの情報もほぼ皆無な、Kingston SSDNow V300 SV300S37A/120Gを購入することにしました。

九十九の週末特価で6900円という価格の魅力と、一応出たてであるということ(SSDは新しければ新しいほど、新しい技術が盛り込まれているのでは?という根拠のない期待)、等々から、悩んだ挙句これにしました。

で、外観はこんな感じです。
Kingston SSDNow V300 SV300S37A/120G 外観

プラスチックのパックに入っており、はさみで切り出さないと中身は出てきません。

内容物ですが、簡単な説明書と、本体、高さをHDDにあわせるための下駄(両面テープで本体につける)の3つからなっています。
ただし、dm1-4200では、この下駄は必要ありませんでした。

dm1-4200への換装方法は、hpのホームページにある「コンピューターの準備 HP ノートブック コンピューター 」を参照すると、図つきで細かく説明がされています。
基本的には難しい作業ではなく、裏蓋はドライバなし、HDDもプラスドライバ1本ではずせますので、簡単に換装可能です。

で、そのあと、HPのリカバリDVD(あらかじめつくっておきます)でリカバリします。
ただ、この作業でアプリケーションふくめてリカバリしたためか、非常に時間がかかりました。

結構な時間を費やすと、晴れてSSD換装完了です。

SSD後の細かい設定は、googleで「windows7 SSD」あたりで検索すると詳しいサイトがたくさん出てくるのでここでは割愛。

さて、どきどきのベンチマークです。

Kingston SSDNow V300 SV300S37A/120

さて、早いのか、遅いのか・・・。
微妙なベンチが取れました。
気持ちとしては、4Kあたりがもう少し伸びてくれると心地いいのですが・・(笑

ただ、ベンチマークはおいておいて(!?)体感速度は非常に快適です。
SSDは消耗品だ!と割り切り、IEのキャッシュもSSD上においていますが、ネットサーフィンも非常に快適にさくさく進みます。
一部の重いページ(たとえばGoogleの画像検索結果画面等)等、CPUパワーを使うページでない限り、超安物PCとは思えない快適なPCとなりました。

ところで、ここまで快適になるとあと気になるのはTN液晶の角度の狭さと、時折うなるファンの音(そんなにほかのノートPCにくらべてうるさいわけでもないのですが、もうこれ以外に音が鳴るパーツがないので)が気になります。

さすがに液晶の交換は難しいですが、ファンの静音化はなにかできないかなーとおもう、今日この頃でした。

-------------------------------------------------------------------------


関連記事

テーマ : パソコンな日々
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

びょんびょん

Author:びょんびょん
びょんびょんの日々。いろんなもののいろんな感想を紹介。
http://ichinchiichigaku.blog.fc2.com/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



サイト内検索