スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ワンダーシェフ 魔法のクイック料理」でぶり大根をつくる(骨まで食べられるか編)

前記事に引き続き、圧力鍋です。
購入した「魔法のクイック料理」はほかの圧力鍋と比べてもかなりの高圧で調理が可能とのこと。
高圧ということは調理時の温度が高くなり、いわゆる「骨まで食べられる」状態が実現できそうです。

ということで、今回は前々からやりたかった、ぶりのアラをつかったぶり大根(骨まで食べられるやつ)を作ります。

作り方ですが、普通のぶり大根と同じです。なので、適当にはしょって書きます。
ぶり大根の作り方は、クックパットあたりで調べると出てくると思います。

まずは、買ってきたぶりのあらに塩をかけ、30分ほど放置します。
ぶり大根の塩まみれ

で、このあと塩を洗い流し、熱湯に浸して軽く湯がきます。
そして、うろこや食べられそうにないひれ等を取り去り、(お湯で湯がくと、うろこは皮ごと簡単にはがれます)なべに移します。

ぶり大根調味後

なべに入れたら、日本酒、醤油、みりんとしょうがをいれ(分量は適当ですが、大体日本酒2に対し、醤油、みりんが1のようです)ます。

これとは別に、大根を大きめに切り、米のとぎ汁で煮立てたあとに、上記のなべに入れ込み、煮込みます。

で、ここからがこの記事の重要な部分、ですが、今回は骨まで食べられるように、ということで、圧力がかかりシューシュー言い出してから弱火で15分ほど煮込みます。

15分たった後、火を止め、圧力の弁が下がるまで放置し出来たのが、こんな感じです。
ぶり大根 できあがり

いかんせん、盛り付けがへたくそなので、おいしそうに見えないところが残念ですが、上記のつくりかたで、骨まで食べられるぶり大根ができました。
実際娘にも食べさせましたが、骨まで柔らかく食べられるということで好評でした。
(また、大根も芯まで味がしみこみ、これまたたくさん食べてもらえました)

ということで、念願の圧力鍋での骨まで食べられるぶり大根を作ることができました。
記憶では、今まで持っていた圧力鍋では、15分煮込んでも骨まで食べられるようにはならなかったように思います。
これも、高圧の力、、でしょうか?
こうなると、俄然、スジの煮込み系の料理に期待が沸きます。今後の楽しみが増えました。

-----------------------------------------------------
楽天で、圧力鍋 ワンダーシェフ 「魔法のクイック料理」を探す







関連記事

テーマ : お料理
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

びょんびょん

Author:びょんびょん
びょんびょんの日々。いろんなもののいろんな感想を紹介。
http://ichinchiichigaku.blog.fc2.com/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



サイト内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。