スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男の料理? ローストビーフをサーモスシャトルシェフで作る

日曜日、かねてより作ってみようと思っていたローストビーフを作りました。

ローストビーフですが、ローストするよりもジップロックで真空(?)状態にし、炊飯器等で保温することで簡単に調理できるとのこと。
とりあえず、炊飯器で調理しようと思いましたが、炊飯器を使うとご飯が炊けず、また、我が家の古くて小さい炊飯器では肉が入るかどうか不明だったため、昔購入しそのまま放置されていたサーモスのシャトルシェフを引っ張り出すことにしました。

ということで簡単な作り方です。

まず、肉ですが、近くのハナマサで購入してきました。100グラム98円程度のバラ肉で、900G弱のかたまり肉を購入しました。
大きさは大きいほうが熱が通り過ぎなくていいだろう、という判断で、近くのスーパーではなかなか売られていない500グラム超えの肉を選びました。
どうも調べるとばら肉よりももも肉のほうがいいそうですが、第一印象で油の具合がよさそうだったので、今回はばら肉にしてみます。

味付けは、あら塩、コショウ(白、黒ほかミックスされたもの)、すりおろしたにんにく(めんどくさいのでチューブ)を肉に刷り込みます。

ローストビーフ 味付け直後

で、このまま調理すると、冷えた肉は中まで火が通りづらいらしいので、味のしみこみを兼ねながら、4時間ほど常温で放置します。

で、放置するとこんな感じになりました。、
ローストビーフ 寝かした後

色が少し濃くなっているのと、写真ではわかりづらいですが脂分が全体的になめらかになっています。

次にフライパンで表面を焼きます。
トングを用いて、全体的に焼き色をつけていきます。

ローストビーフ 表面焼付け後

こんな感じです。
すでにこのまま食べたいくらいいいにおいがしますが、まだ表面だけなので、中身は生です。

さて、これをジップロックに包みます。
ジップロックには、肉とタイムを入れ込みます。タイムは近くのサミットで買ってきました。
(1パック100円強ですが、さすがに1/3も使い切れません・・・)
ジップロックのほうはというと、真空調理?というくらいなので、いろいろ調べるとストロー等で空気を抜かなければいけないようなのですが、いかんせんうまくいきません。酸欠になりそうだったので、そこそこ空気を抜いてあとは良しとしました。

ローストビーフ ジップロック封入後

さて、これをシャトルシェフに突っ込みます。
シャトルシェフのレシピサイトには、沸騰したお湯に水を加え(7カップのお湯に1カップの水)、温度を調整してから作る等ありましたが、ここら辺は適当に沸騰したお湯に適当(実際にはかなり少なめ)の水を加えて、その中に先ほどのジップロックを突っ込みました。
ローストビーフ シャトルシェフ投入

突っ込むと先ほど真空?にしたはずなのにかなりの空気が出てきます。
熱で膨張するからなのでしょうが、どうにもならないので、肉の部分だけはお湯に接するよう、空気を上のほうに寄せつつなべの中にしまいこみました。

で、このまま30分ほど放置です。

ローストビーフ シャトルシェフ料理後

放置するとこんな感じになります。
引っ張り出した瞬間、肉の縮み具合と固くなり具合がわかります。
一瞬、単なる茹で肉になったか??と心配になるほど変化があります。また、煮汁もかなりの量出ています。
すぐに切って確認してみたい衝動を抑えつつ、このまま30分ほど放置し、肉と汁を落ち着かせます。

で、30分後、どきどきしながらきったところこんな感じでした。
ローストビーフ 切り分け

立派なローストビーフです。思いのほかうまく行ったようです。
(よくよく考えるとローストではないような気がしますが・・)

さて、残った煮汁でソース(たれ?)を作ります。

先ほど肉を焼いたフライパンを洗わず、そのまま、煮汁、ワイン、醤油を加え煮立てます。
そのソースを先ほどのローストビーフにかけて、完成です。

さて、食べてみての感想ですが、もう、それはそれは完全にローストビーフです。
最初、このローストビーフに食らいつきたい、という欲求に負け、厚めに切ってみましたが、さすがに噛み切れませんでした。
(ただ、飲み込むときにぐっと来る満足感は得られましたが)
ローストビーフは薄くきり、上品に食べるとよいでしょう。
とにかく時間はかかりますが、手間はほとんどかからない、お手軽に楽しめる料理です。

ちなみに今回はたまたまサーモスのシャトルシェフが眠っていたので利用しましたが、炊飯器でもよいそうです。
また、多目のお湯を沸かし、肉を入れた後毛布等で包んで保温する、という手も使えそうな気がします。

とにかく簡単に作れ、かつ、おいしく食べられるというのはすばらしいですね。(安いですし・・)
ちなみに、用意した肉の半分(400グラム)は2人の娘が平らげてしまいました。これまたうれしい話です。

---------------------------------------------------------------




サーモス シャトルシェフ を楽天で探す


関連記事

テーマ : お料理
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

びょんびょん

Author:びょんびょん
びょんびょんの日々。いろんなもののいろんな感想を紹介。
http://ichinchiichigaku.blog.fc2.com/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



サイト内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。