スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

馬肉のすじ肉の洋風煮込み

さて、馬肉のすじ肉も残り1kgとなり、つぎの料理を考えていたのですが、やはり、最後も煮込みにすることにしました。
というのも、ためしにすじ肉のうち、肉っぽいところを焼いて食べてみたのですが・・・。
2011-05-29 010

ちょっと焼いて食べるには、すじ肉はかたく、脂っぽいですね。
やはり、基本的には煮るのがよさそうです。

で、煮込みます。

今回は洋風に仕上げたいな、と思っております。
というのも、ベランダでイタリアンパセリとスープセロリが茂っていて、これをどうにか利用した料理にしたいな、と。
イタリアンパセリとスープセロリは、ベランダの環境にあったのかわかりませんが、切っても切っても次から次へと茂ってきます。ただ、どちらもにおいが強く、葉も硬いので、どのように使えばいいのか考えていましたが、今回潤沢に使ってみようと思います。

で、まずはいつもどおり、にこぼします。
2011-05-29 012
これに、贅沢にイタリアンパセリとスープセロリをたっぷりいれ、
2011-05-29 015
さらに、におい消しにしょうがを切って入れます。

2011-05-29 017
(しょうがが大きめなのは、めんどくさいのでキッチンバサミで切ったからです。)


2011-05-29 018
で、これに、水を浸る程度にいれ、固形スープを2つ足して、圧力鍋で煮込みます。

煮込み時間はだいたい20~30分程度です。
で、煮込むとこんな感じになりました。

2011-05-29 028

スープが緑色なのは、イタリアンパセリ、スープセロリの色がスープに溶け出したのだと思われます。
なんとなく西欧風っぽくなってきた、と感じるのは、私だけでしょうか・・・(私だけでしょうね)

盛り付けるとこんな感じです。
2011-05-29 030

さて、肝心の味ですが、スープセロリとイタリアンパセリがマッチし、すじ肉の臭みをとばしてくれています。
スープもセロリ・パセリの香りと、しょうがの香りでおどろくほどしつこくない仕上がりになりました。

スープには馬の脂がたっぷりと溶け込んでおり、飲みたいところですが、そのままではさすがに脂っぽいため、ご飯をいれておじや風にして食べました。これも、また、ご飯に脂っぽさが吸い込まれ、また馬肉の出しがご飯ととてもよく合います。

というわけで、意外といい具合に仕上がりました。
--------------------------------------------------
馬肉専門店菅野屋


通常1000円かかる送料が込みになっていますので、とてもお得な馬すじ肉です。


関連記事

テーマ : お料理
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

びょんびょん

Author:びょんびょん
びょんびょんの日々。いろんなもののいろんな感想を紹介。
http://ichinchiichigaku.blog.fc2.com/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



サイト内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。