スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

honor6 plusで近くのものを撮ってみる(花とか、木とか)

さて、今日は、息子との散歩がてら、公園で木や花の写真を撮ってみました。
この季節、花はほとんどないので、なかなか花の写真を撮ることはできないのですが、それでもいくつかあった花や木の写真を撮って、近くのものをとるとどんな感じになるのか、やってみたいと思います。

今回も、honor6は付属のカメラアプリで、解像度以外はなにも設定せず、デフォルトで撮影しました。
また、クリック後のファイルサイズは50%~60%に縮小してあります。

では、行きます。
honor6で植物を撮影1

しょっぱなから、サルノコシカケですね。
キノコです。

木の表面のごつごつの質感や、キノコの細部まできれいに写っています。
また、うしろの風景?もいい感じにピントがぼけている気がしますね。

honor6で植物を撮影4
つぎはオシロイバナです。
斑入りのオシロイバナで、きれいなピンク色でした。
毒々しく写るのではなく、花の色がそのまま写っています。

honor6で植物を撮影5
つぎは、秋の花、コスモス。
コスモスは、ひょろっとしているため、風に揺れやすく、ピントがなかなかあいません。
なので、この写真もよくみると、すこし、フォーカスがあっていない気がします。

honor6で植物を撮影3

これは、何の植物でしょうか?
赤くきれいであったため、撮影してみました。
このように、多くの茎や葉で構成されていると、どうしても、ピントが合いづらいのは、どのカメラでも同じですね。
ただ、フォーカスの当たり具合によって、奥行きが感じられます。

honor6で植物を撮影6
街路樹です。
これも、手前と奥との葉のフォーカスの当たり方で、奥行きを感じます。

honor6で植物を撮影2
最後に逆光(というよりも太陽にむかって)で撮ってみました。
意外と影の部分の色もきれいに写っているように思います。


ということで、いろいろなものを撮影してみましたが、スマホでありながら、失敗がすくなく、見たままに撮影でき、スマホとしては非常に性能が高いカメラであると思っています。


--------------------------------------------------------







関連記事
スポンサーサイト

honor6 plusで晴天下を撮ってみる

やっと、晴れの日に写真を撮ることができました。

honor6を購入して、晴れた日にやっと写真を撮っています。
とにかく、晴れた日の風景がしっかりとれること、これが、カメラとしての第一条件かもしれません。

前々回は、曇り空の下でしたが、晴天の下では、どのようにシャープな写りをするでしょうか。

ということで、ブログの関係上、サイズは60%程度に縮小してありますが、のっけていきます。

honor6 plus 晴天下2

突き抜けるような晴天です。
雲ひとつありません。
きれいな空の色がそのまま表現されているように感じます。
#ところで、東京の空って、きれいになりましたよね・・?

honor6 plus 晴天下3

ビルに映る空の色とその後ろの空の色の対比がきれいです。
ビルの窓の透明感が伝わります。

honor6 plus 晴天下4
明るい空、あかるいビルと、影の部分、両方とも、とくにつぶれることなく細部まで表現されています。

honor6 plus 晴天下1
こちらの写真もそうですね。
やや木の葉がつぶれているように見えますが、通常サイズでの参照であれば問題ないレベルかと思います。

honor6 plus 晴天下5

honor6 plus 晴天下6

全体的に、光が当たった部分の色は、見たままの色がそのまま表現されているように思います。
また、透き通った空の色がきれいに写っているイメージです。

また、すべて手持ちで撮影しているのですが、細部までブレなく撮影できている印象があります。
うたい文句どおり、フォーカスは非常に早く、さっと構えてさっと写せる、そんな感じです。


--------------------------------------------------------





関連記事

テーマ : パソコンな日々
ジャンル : コンピュータ

honor6 plusで夜景を撮ってみる

さて、昨日は曇天の下での撮影となりましたので、本日は晴天の下!としたかったところですが、晴天の下、撮影するタイミングがなかったので、今日(一部昨日の夜)は夜景を撮影してみました。

honor6は、カメラが2つついている、ということで、夜の写真もきれいに撮れる、というのが売りの一つとなっています。
スーパーナイトモードというモードもあり、こちらを使うと非常にきれいに撮影できるらしいのですが、難点としては数秒固定して撮影しなければならず、三脚等で固定しないとどうにもならない、ということでしょうか。
スマホの三脚を持ち歩くシーンはあまり考えづらいので、今回は、オートモードで手で持ったまま撮影しました。

ということで、さっそく一枚目です。
honor6 plus 夜景1

縮小されたサイズでみると、非常にシャープに、細部まで細かく表現されているように見えます。
また、色等も夜間の撮影とは思えないほどきれいに出ているのではないかと思います。

手持ち撮影のブレ等もあまり大きくないのではないでしょうか?

ほぼ同じシーンをiphone6で撮影したものは以下です。

iphone6 夜景1

さすがiphone6はきれいに写っています。ただ、honor6で、iphone6と同様の夜景写真を撮影できる、ということは、価格の差を考えるとすごいことなのかもしれません。

では、次々と行きます。

honor6 plus 夜景2
ピントが、手前左の郵政ビルにあっているように見えますが、相当拡大してみないかぎり、あまり違和感はないのではないかと思います。

honor6 plus 夜景3
建物の明るい部分はさすがに多くのノイズが入っていますが、ただ、これだけ暗いシーンの撮影としては、よいのではないかと思います。

honor6 plus 夜景4

honor6 plus 夜景5

最後は空もあわせて撮った写真になります。
場所としては、昨日の曇天下の写真とほぼ同じになります。

おもしろいのは、空に浮かぶ雲も写っているところでしょうか?
夜景については、かなり再現度高く、スマホの小さいカメラとしては非常に高い性能なのではないかと思います。

--------------------------------------------------------








関連記事

honor6 plusで曇り空の下を撮る

さて、金曜日に入手したhonor6 plusですが、土日は忙しくあまり使うことができませんでした。

とくに、いちばんいじってみたかったカメラですが、デフォルトの設定が最高画質ではなく、本日取り直しとなりました。
#とはいえ、WEBにアップするときには、縮小するのですが。。

スマホでの写真といえば風景写真!
カメラで撮る作品というよりも、見たままを記録・記憶に残しておくための使い方になると思いますが、それがゆえに、標準の設定でさっととれて、失敗のない写真が撮れるのが重要となります。

いつもなら晴れた朝にビル群を撮影!というのですが、今日の朝はあいにくの曇り空。
なんとなく、すっきりしない空の下、では、どんな感じに写るのか、というテスト?になります。

じゃんじゃか行きます。
クリックして表示される拡大画像は、縦横50%程度に縮小してあります。

honor6 plus 曇り空1

東京駅近辺です。
曇り空のため、暗い雰囲気になっています。
見た感じとイメージはおなじですが、どうも、暗い感じがしますね。
下の黒い建物は、黒つぶれしていると思いきや、細かい縦ラインの模様が見えてはいます。

honor6 plus 曇り空2

こちらもくらい感じですね。

honor6 plus 曇り空3

ビルの窓ガラスの青い輝きはシャープに写っているように思われます。
やはり、曇り空の下のビルというのは、どうにも、被写体としてはよくないですね。

honor6 plus 曇り空4

晴れた日はきれいな青空の下、開放感のある道路、となるのですが、どうも、いまいち明るい感じがしません。
honor6 plus 曇り空5

細かいところまできれいに写りこんではいます。
ただ、多少エッジがシャープすぎる感じもします。

曇り空の下では、曇りなりに、曇った写真となりました。
ただもう少し明るく写ってもいいのかな。。?(見た感じとは多少変わるのかもしれませんが)と思っています。

とりあえず、晴れた日を狙って、もう少しサンプル画像を増やしてみたいと思っています。

--------------------------------------------------------
関連記事

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

楽天モバイルのhonor6 plusにMNPしてみる

愛用していた、Xperia Z1を突然なくしてしまいました。

Googleロケーション履歴で検索したところ、どうも、最後は家のどこかにあったっぽいのですが、それからぱったりどこに行ったか分からなくなりました。
電池の持ちも最近は悪くなっており、後で探せばとおもったら、完全に見つからなくなってしまいました。
たぶん、最近つかまり立ちし始めた息子がゴミ箱に捨ててしまい、そのまま、気が付かずに捨ててしまったのでは、、、と予測されます。

ということで、スマホがなくなってしまったため、機種変更をしようと思いましたが、昨今の機種変更は端末代が非常に値が張ります。
また、毎月の割引等もMNPにくらべて低いため、月々6~7千円はかかります。

ということで、今回、17~8年つかっていたauから抜け出し、楽天のスマホにMNPしてみることにしました。

なぜ楽天かというと、楽天モバイルで現在(10月5日まで)端末の半額セールをやっているから。

今回は、Huaweiのhonor6 Plusにしてみました。
選んだポイントは、半額で2万円強というお値段と、普段使いに十分すぎる(と思われる)性能、そして、3600mAhのバッテリーと、カメラ性能になります。
やはり、バッテリーの持ちは日常の利用で非常に重要ですし(日々、電池の残りを気にしながらスマホをいじるのはとても精神衛生上よくないので)、カメラの使い勝手と性能も重要なポイントだと考えています。

あとは、勢いと、紹介者ポイント(今回は妻からの紹介ということにして5000ポイント)なども考慮し、購入することにしました。

楽天SIMの縛りとしては、音声SIMの場合、1年未満で解約すると違約金が発生しますが、キャリアと比較すると1年ですし、たぶん1年は使うと思うので、よしとしました。

申し込みから到着までの流れですが、まず、auからMNP予約番号を発行してもらう必要があります。
その番号をもとに、申し込みを行います。

実際のかかった日数と、流れですが、
月曜日(1日目):auからNMP予約番号を受け取る。夜、楽天モバイルに申し込み
火曜日(2日目):朝起きると、本人確認の証明をWEBにアップするようにメールが来ていたので、
           免許書を撮影し、アップ。
           その後、確認が取れ、配送準備をするとのメールあり。
水曜日~木曜日(3日目~4日目):とくに大きな動きなし。
金曜日(5日目):突然配送のメール、とともに、昼頃には、到着。

どうも、配送準備の間には、すでに、ヤマトに引き渡され、近くの店舗まで配送されていたようです。
また、今回はauのスマホはなくしてしまっていたので、いつ回線切り替えが行われたのか定かではないのですが、たぶん、au側は火曜日(二日目)に回線が廃止され、楽天モバイルは、受け取りと同時に開通扱いとなっているのではないかと思います。

今回は、たまたまですが、月末をうまくまたいだため、auは月末に、楽天モバイルは月初に開通となり、au側の無駄な月額料金を払うことなく、また、楽天モバイルの初月無料もフルに利用できる形となりました。

ということで、手元に届いた、Huaweiのhonor6 Plus。
このあと、いろいろといじってみたいと思います。

--------------------------------------------------------
関連記事

テーマ : パソコンな日々
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

びょんびょん

Author:びょんびょん
びょんびょんの日々。いろんなもののいろんな感想を紹介。
http://ichinchiichigaku.blog.fc2.com/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



サイト内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。