スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Xperia E1(D2005)で写真をとる(花の撮影編)

さて、前回に引き続き、こんどはXperia E1で花の撮影をしてみたいと思います。

被写体は、公園等の花などを撮影してみました。
花の色がどの程度再現されているかについても、見られたらと思います。

すべて、オートで撮影しています。
また、このXperia E1の標準のカメラ機能では、フォーカスをタッチで決める等はできないため、フォーカスもXperia E1任せになっています。

例によって、構図の取り方等は、完全に初心者なので、気にしないでください。
また、Exif情報は削除してあります。
それぞれクリックすると元の画像の表示が可能です。

20140621_experia-e1マクロ撮影1
まずは一枚目。
みどりいろがどうも、鮮やかでない気がします。また、どうも手前の花にフォーカスが当たりません。

20140621_experia-e1マクロ撮影2
二枚目です。
この時期見ごろのアジサイを撮影しました。
多少曇り空であったためかもしれませんが、やはり花の色に鮮やかさが足りない気がするのと、色合いがのっぺりとした感じになります。
これは、このXperia E1のカメラの特徴(なにせ、ローエンドなので)なのかもしれません。

20140621_experia-e1マクロ撮影3
三枚目。
こうやって撮影してみると、日中の太陽光の下では、手振れ等は発生しません。
ただ、細かい部分のつぶれは、やはり拡大すると気になります。

20140621_experia-e1マクロ撮影4
続けて四枚目。
木陰に咲く鮮やかな色のアジサイです。
実際目で見た印象よりも色がくすんでいる気がします。

20140621_experia-e1マクロ撮影5
五枚目。明るい場所での白いアジサイでしたが、暗く写りました。

20140621_experia-e1マクロ撮影6
六枚目。
鮮やかな紫の花です。ただ、何の花かはよくわかりませんが・・。

20140621_experia-e1マクロ撮影8
7枚目。
先ほどとは別な場所での白いアジサイです。
やはり、暗めに写りました。

20140621_experia-e1マクロ撮影7
8枚目。
これは、完全にフォーカスが思ったところに当たっていない気がします。

20140621_experia-e1マクロ撮影9
ラスト9枚目。
やはり、暗めに写りました。

カメラ自体の性能としては、やはり、余りいいものではなく、とくに花の鮮やかな色合い等の再現は難しいようです。
色の変化の表現も細やかではなく、どうしてものっぺりとした油絵のような色彩になるようです。

ただ、ローエンド(そもそもカメラ機能は、必要最低限なものとして付いている)なカメラ機能としては、合格点ではないでしょうか?
何かの記念として残すのではなく、メモとしてのカメラ機能であれば、十分な性能なのかもしれません。
(その場合、メモとして、花の写真を撮るかどうかは別ですが)


--------------------------------------------------------

上記はDualSIM版(D2105)です。送料込みなので、expansysから直接購入するよりも安く購入ができます。(2014/6/15時点)
関連記事
スポンサーサイト

Xperia E1(D2005)で写真をとる

今日は、先日購入したXperia E1のカメラ性能です。

Xperia E1はXperiaシリーズの廉価版ということもあり、搭載されているカメラは3メガピクセル(300万画素)と、10年程度前のデジカメと同等レベルの画素数になっています。
(当然画素数以外の部分はいろいろ違うのでしょうが)
あまりカメラの性能には期待はしていませんが、それでも、どれだけの写りをするのか、実際写真を撮ってみました。

本日は非常に天候がよく、青空で晴れていましたので、外での撮影としては、光量も多く、状況は悪くないかと思います。

Xperia E1のカメラを使う場合、ほとんどがメモとしての活用になるかと思いますが、まずは、外での撮影で、その性能を見ていきたいと思います。

この後の写真は、クリックすると元の画像の表示が可能です。
また、それぞれのExif情報は削除してあります。


まずは一枚目。
20140615_experia-e1-photo1
植木鉢に生えているキュウリの葉を撮影してみました。
全体的にこのレベルのカメラとしてはそれなりな写真になっていますが、やはり、解像度の低さから、全体的なのっぺりとした印象と、緑の色合いのわるさが気になります。

つぎに2枚目。
20140615_experia-e1-photo2
写真の腕はおいておいて、青空の青さはそれなりに出ていますが、建物右の木の花あたりのつぶれが目立ちます。また、影の部分は全体的に真っ黒になってしまっているようです。

3枚目
20140615_experia-e1-photo3
手前の車のナンバーは、撮影後に加工して消してあります。
こちらはその場の明るさと突き抜ける空の感じがでているような気がします。ただ、やはり高架のコンクリがのっぺりとした感じがします。

4枚目
20140615_experia-e1-photo4
解像度が低いカメラでは難しい、数多くの葉と、その前の鉄網や、網です。
これはさすがに、つぶれてしまっている感じがします。

今日は4枚ほど撮影してみましたが、撮れ具合については人それぞれの主観の部分があるので、一概には言えません。
ただ、やはり、もともと必要最低限なカメラしか搭載していないため、シャープな撮影はむつかしいです。
やはり、イメージとしては10年くらい前のコンデジと同じくらいの写真でしょうか。

ただ、逆に言えば、そのレベルの撮影は可能であり、記録用、メモ用としては十分な性能をもちあわせているようです。

今度は、ある程度光量がすくない室内や、マクロでの撮影、また、利用シーンとして頻度が高いであろう、食べ物の撮影等をしてみたいと思います。

Xperia E1を購入する際の一助になれば。。

--------------------------------------------------------

上記はDualSIM版(D2105)です。送料込みなので、expansysから直接購入するよりも安く購入ができます。(2014/6/15時点)


関連記事

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

ガマズミ酒を飲む

一月ごろに造ったガマズミ酒ですが、前回からずいぶんと時間が空いてしまいましたが、そろそろ飲み頃!ということで、今回試飲してみました。

まずは、現在のガマズミ酒の様子です。
20140615_ガマズミ酒瓶

お酒の色は、前回よりも濃くなったような感じがします。
また、入れっぱなしのガマズミの実は、ほとんどが色が抜け切り、白くなっています。
本当は事前に種を抜いておくのがいいのでしょうが、果肉が多いわけでもなく、沈んでいるので、カビ等は発生しないだろう、ということで、そのままにしてあります。

で、グラスに注ぐとこんな感じです。

20140615_ガマズミ酒グラス

色はきれいな紅色です。

で、肝心の味ですが、程よい酸味と、甘味(甘味は、氷砂糖の甘味ですが)が口の中に広がります。
ベリー系の果実酒にある苦味等はなく、非常に飲みやすいお酒になりました。

元のガマズミ自体がタダ(実家の庭や山にはえているもの)なので、それから出来たのものとしては非常に出来がいいように感じます。
ことしの秋にはもう一回つくりたい一品です。

効用自体もいろいろに効くとのことで、健康促進(?)のための一杯としてもいいかもしれません。


関連記事

テーマ : お料理
ジャンル : 趣味・実用

expansysでXperia E1(D2005)を購入する。(レビュー)

さて、突然ながら、expansysで海外向けsimフリースマホであるSonyのXperia E1を購入してみました。

昨日の昼ごろに思いつき、そこからexpansysで購入の手続きをおこなったのですが、香港からの輸入とは思えないほど速く、本日の夕方ごろには家に届きました。

値段は日本円で13215円+送料2100円です。
関税はこの値段だとかからないようですね。

ということで、開封します。

expansysからはこんな箱で届きました。
20140611_expansys_xperia-e1外箱
いかにも海外という感じで無骨な箱に入っています。

で、肝心のxperia e1は、こんな箱に入っています。
20140611_xperia-e1外箱

写真だとわかりづらいのですが、iphone等とくらべると、かなり安価な感じの箱になっています。
まあ、箱を買っているわけではないので、こんなもんです。

で、中身です。

20140611_xperia-e1開封前

これをみて、一瞬ぎょっとしてしまいました。
バッテリーが入ってないのでひどく軽いのと、ビニールがくしゃくしゃなのと、なによりもはられている保護フィルムに画面イメージが印刷されているのですが、これが子供用のおもちゃのスマートフォンに見えてしまいました。

で、裏蓋をあけるとこんなかんじになります。
20140611_xperia-e1カバー内

今回はデュアルSIMタイプではなく、シングルのSIMです。
このSIMサイズが、expansysでは「micro-SIM」と記載されていたのですが、「標準SIM」です。
20140611_xperia-e1simサイズ

いろいろなサイトを探って、SIMサイズを探してみたのですが、デュアルSIMのほうの情報はいろいろありましたが、シングルSIMのD2005の情報はありませんでした。
とりあえず、開いてみて、標準SIMであることを確認です。

次に保護フィルムをはります。
同時にamazonで購入しておいたのですが、amazonよりもずっと先に本体(翌日!)が届いてしまいましたので、急遽近所のダイソーで4.1インチ用の液晶保護フィルムを買いました。

20140611_ダイソー100円保護フィルム4.1インチ

サイズ的には0.1インチ大きいのですが、まったく問題なく、ぴったり貼れます。

ちなみに、xperia E1のバッテリーはBA900という型番で、もちろん取り外し可能。
amazonでも互換ふくめいくつも購入可能ですので、バッテリーがへたってきたり、予備が必要になった場合は、安価に交換が可能です。また、非純正ですが、大容量版もあるようです。

ほかの付属品としては、
20140611_xperia-e1付属品イヤホン
Sony製イヤホンと
20140611_xperia-e1付属品USBケーブル
USBケーブルですが、家にいくつもある人は開ける必要はないでしょう。
あと、海外向けだけあり、ACアダプタは日本向けのものではありませんでした。

ちなみに大きさですが、大体iphone4sよりもちょっとだけ大きい感じです。
20140611_xperia-e1_iphone4sとのサイズ比較
画面サイズはiphone4sよりもちょっと大きめな感じになっています。
厚みはちょっとだけ厚い感じですね。

あと、これもどこにも記載されておらず、購入するまでわからなかったのですが、ストラップの穴はついています。
ケース内に通して、とめる形で、この穴からストラップが出る感じになります。
20140611_xperia-e1_ストラップ穴



さて、起動してみます。
起動時は英語表記ですが、起動すると言語を選ぶ画面になりますので、ここで日本語を選択すると、日本語表記で稼動が可能です。
20140611_xperia-e1日本語化

デフォルトで入っているソフトはこんな感じです。
20140611_xperia-e1_標準アプリ1

20140611_xperia-e1_標準アプリ2

20140611_xperia-e1_標準アプリ3

ほぼ必要最低限、という感じであります。

あと、内部ストレージですが、各サイトでは4Gとなっていますが、設定から認識できるのは2Gで、アプリ利用などですでに1Gほど使われています。
基本的にはSDカードに逃せばいいのですが、アプリはこの領域内に収める必要があり、少々心もとないかんじです。
20140611_xperia-e1_空き容量

ということで、本日は外見と起動までのレビューでした。
今度は、ほか機能についてもレビューしていきたいと思います。

--------------------------------------------------------

上記はDualSIM版(D2105)です。送料込みなので、expansysから直接購入するよりも安く購入ができます。(2014/6/15時点)


関連記事

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コストコの冷凍ベリー(ブルーベリー、ラズベリー、ブラックベリー)詰め合わせを買ってみる

前回のコストコ冷凍いちごが我が家では非常に好評で、とくに子供たちはスムージーにしたり、ジャムをヨーグルトにいれたりと、3キロ弱あったイチゴたちも、一月せずに食べきってしまいました。

そうなると気になるのは、コストコで売っていたほかの冷凍果物たち。
そのままだとどうしても高くなりがちな果物ですが、冷凍物であれば、そこそこリーズナブル?なお値段で購入可能です。

ということで、今回久々にコストコに行く機会があったので、物色してきました。

で、前回買ったイチゴは家族の要望で購入。今回はそれに加えて、「ネイチャーズ スリーベリー」を買ってみました。

20140610コストコネイチャーズスリーベリー(外)

このパッケージですが、イチゴよりは少なく、1.81kgとなっています。また、お値段もイチゴよりは少々高く
(一袋単位なので、グラム単位ではそこそこ高くなります)
1548円(税込み)でした。

ただ、ベリー系は生で購入するとそこそこの値段がしますので、1500円で2kg弱というのは、かなり安いのではないかと思います。

この「ネイチャーズ スリーベリー」ですが、その名のとおり、(パッケージでわかりますが)ブルーべりー、ラズベリー、ブラックベリーの3つのベリーがミックスになっています。

中を開けると、こんなかんじにミックスされています。
20140610コストコネイチャーズスリーベリー(中)

わかりづらいですが、黒っぽいのがブラックべりー、赤いのがラズベリー、暗くてよく見えないのですが、所々にある丸いのがブルーベリーです。

当然混ざっていますので、別々に使いたい人向きではありません。

これらですが、凍ったままそのまま食べてもおいしいです。
冷凍のイチゴと違い、一つ一つがそんなに大きくないため、凍っていても歯を痛めず食べることができます。

子供たちもそのままパクパクと食べ、好評でした。

で、今回もまたジャムを作りたいと思います。

前回のイチゴと同じく、MKのホームベーカリー(HB-100)のジャムをつくるモードでジャムにしてみました。

作り方は簡単で、パンをつくる型の部分に、ベリーと砂糖、レモンの果汁(ポッカの割り物果汁)をいれてセットするだけです。

20140610コストコネイチャーズスリーベリーwith砂糖

あとは、機械任せで1時間半。
こんなかんじに仕上がりました。

20140610コストコネイチャーズスリーベリー(ジャム)

ブルーベリーは実のままが残った感じになっていますが、ブラックベリー、ラズベリーはばらばらになっています。
味のほうは、甘い中にそれぞれのベリーの酸味が混ざっており、非常に良い感じになりました。
パンに塗る、というよりも、濃厚な味を生かして、アイスにかけたり、ヨーグルトに混ぜたりするととてもおいしそうです。

ということで、イチゴとともにまだまだいっぱい残っているため、このあとジャム以外にも活用したいと思います。

-------------------------------------------------------------------------
近くにコストコがない方は、Amazonでも購入できます。


楽天のほうが安いみたいですね。
COSTCO/コストコ/通販/KIRKLAND/Natures Three Berries...

COSTCO/コストコ/通販/KIRKLAND/Natures Three Berries...
価格:2,199円(税込、送料別)




MKのホームベーカリーはこちら。我が家ではもう何年もつかっているので新型のHBK-100になっています。


関連記事

テーマ : お料理
ジャンル : 趣味・実用

小梅で梅シロップを作る

この季節になると、スーパーで梅酒用の梅が売られ始めます。
梅にもいくつかの種類がありますが、梅酒用は大きな梅(通常のサイズ)、カリカリ梅用には、小さい小梅が売られていますが、この小梅で、梅シロップを作ります。

本来は梅シロップは梅酒用の大きめな梅のほうが良いらしいのですが、昨年この小梅で作ったところ、とくに問題なくできたので、ことしもこちらでも作ってみます。

まずは、軽く水洗いします。
その後、爪楊枝等で丁寧にヘタをとります。

で、キッチンペーパーの上にならべて、水分をとります。
20140601小梅

で、水分がとれたら、梅シロップ用に瓶につめていきます。
瓶は何でもいいですが、シロップが出来た後、湯煎にそのままかけたいので、耐熱ガラスにしておきます。

使う砂糖ですが氷砂糖がよいのですが、梅との接触面が小さいため、シロップになりづらいかも、ということで、普通の白砂糖にしてみます。

分量ですが、梅1に対し、砂糖1なので、電子はかりの上に瓶をおき、梅と砂糖を同量ずつ交互に入れていくとやりやすいかもしれません。

で、こんな感じになります。
20140601小梅シロップ

このまま常温でほうって置くと、少しずつ水分がでてきて、下にたまり、シロップになります。
最初はなかなか水分が出ないですが、梅がシロップに漬かりだすと、一気に水位があがります。なので、せっせこ毎日でてきたシロップが梅にかかるように瓶を回してやるといいでしょう。

ちなみに、冷蔵庫にいれて抽出してもいいのですが、去年の経験だと、冷蔵庫内よりも常温のほうが速く出来るようです。

今回は梅が余ってしまいましたので、家にあった焼酎の瓶に梅と氷砂糖をいれて梅酒も漬けました。

20140601小梅の梅酒

小梅なので焼酎の瓶の口からも入れることが出来ます。
焼酎の瓶は飲み終わったら洗わないでおいておけば、このように小梅で梅酒をつけるときも、いちいち煮沸をしなくてもそのまま使えます。

ちなみに、この焼酎はホッピーの友、キンミヤですね。瓶のラベルのデザインがお気に入りです。

あとは、焼酎を注げばいったん出来上がりです。
20140601小梅の梅酒2

3ヶ月~ぐらいから飲み頃になります。

関連記事

テーマ : お料理
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

びょんびょん

Author:びょんびょん
びょんびょんの日々。いろんなもののいろんな感想を紹介。
http://ichinchiichigaku.blog.fc2.com/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



サイト内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。