スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FinePix F770EXRの使用感(レビュー的なもの) ズーム

先ほど記事書いて、もう一個写真を載せ忘れていたので、追加の記事です。

F770EXRがどこまで寄れるのか、試したものになります。

どこか遠くを撮影すればよかったのですが、たまたま、木の下に寝転んだので、その木の葉にどこまで寄れるのかでイメージしてみていただければと。
(そんな人はあまりいないかもしれませんが・・)

まずは1枚目。
F770EXRでズーム 木の撮影等倍

寝転んで上を見上げて撮影です。
そんなに高い木ではないのですが、木の葉の密集具合がわかるかと思います。

次に2枚目。
今度は光学ズームで目いっぱいよって見ます。

F770EXRでズーム 木の撮影20倍

残念ながら、フォーカスが後ろの葉にあってしまいましたが、だいぶ寄りました。
さて、ここから、デジタルズームをつかって目いっぱい寄ります。

F770EXRでズーム 木の撮影40倍(デジタルズーム)

葉の葉脈や、色の細かな部分まで写っています。1枚目の写真の葉のどれか(あとから見てまったくわからないわけですが)にここまで寄ることができました。

写真としての鮮明さ等はやはり光学ズームに負けますが、「記録」や「記憶の補助」としての役割は十分ありそうです。

ちなみにこれらの写真もカメラを手持ちで撮影しています。


---------------------------------------------------------
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

FinePix F770EXRの使用感(レビュー的なもの) 夜景撮影編(スカイツリー)

さて、いろいろとあったF770EXRですが、無事娘の運動会にも間に合い、活躍してくれました。

で、今日はその運動会の写真ではなく、夜景の写真です。
いまはやり?の東京スカイツリーを撮影しました。

遠くからの撮影になりますので、ズームを利用しています。
また、今までとは違い、手持ちではなく、三脚使用&2秒タイマーでの撮影です。

タイマーを用いると、シャッターを押したときの微妙なずれがなくなりますので、ぶれを気にする場合には有効ですね。
(2秒タイマーはきっとそのためにあります。知りませんが)

で、まずは、通常の光学ズームです。

東京スカイツリーの夜景 F770EXR光学ズームによる撮影

さて、ちょっとだけ斜塔になっていますが、ご愛嬌ということで。。
モードはEXRで、カメラ任せです。カメラは夜景モード&重ね撮りで、光の量を稼いでいるようです。

今度はデジタルズームで目いっぱい寄って見ます。
ズームは40倍です。

東京スカイツリーの夜景 F770EXRデジタルズームによる撮影

デジタルズームでもかなり鮮明に写っています。
スナップ写真であれば、十分な写りではないでしょうか?

今度は、動画ほかのレビューもしていきたいと思います。


---------------------------------------------------------

関連記事

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

FinePix F770EXRの使用感(レビュー的なもの) 金環日食撮影編

さて、今日は金環日食!
F770EXRで早速金環日食を撮影してきました。

あいにくの曇り空でしたが、時々雲のなかから顔を出す太陽が、ちょうどカメラで撮影するのにはよい明るさでした。

もともとは、日食用のめがねを通して撮影しようと思ったのですが、どうも太陽が二重にうつってしまい、うまく写りません。
そんなこんだをしていたところ、薄雲を通しての太陽がちょうどF770EXRで撮影が可能でした。

このカメラは20倍ズームがついていますので、かなり近づいて撮影が可能です。

※写真はすべて手持ちで撮影しました。手振れ補正がよく効いています!


では、一枚目。
F770EXRで金環日食撮影1

太陽の近くを撮影後切り出しています。かなり円に近い状態で撮影できています。
(ちょうど金環になった瞬間は雲に隠れていました。残念・・)

二枚目
ここからは、無加工(UPサイズの上限にひっかかるので、ファイルサイズの縮小のみ)です。
FinePixF770EXRの20倍ズームのすごさがわかります。

F770EXRで金環日食撮影2
拡大すると、太陽のエッジがきれいに見えると思います。
先ほども書いたとおり、手持ちでの撮影でここまでぶれずに撮影が可能でした。

三枚目~五枚目
F770EXRで金環日食撮影3

F770EXRで金環日食撮影4

F770EXRで金環日食撮影5

だんだん月が通過(もしくは太陽が通過?)している様子がわかります。

この後もう少し雲が晴れましたが、カメラでのそのままの撮影が難しくなりましたので、ここまでとしました。

20倍での鮮明な写真撮影が可能だったことにちょっと驚いています。

RAWでも撮影しましたので、このあとゆっくりと現像(はじめてですが)にも挑戦してみたいとおもいます。


---------------------------------------------------------

関連記事

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

FinePix F770EXRの使用感(レビュー的なもの) 静止画撮影編

昨日、今日と、交換明けのF770EXRを持って、いくつか写真を撮ってきました。

とくに特殊な機能はつかわず、
 ・EXRにほぼおまかせ
 ・夜景等はSPモードでシーン選択
で撮影を行ってみました。

個人的には前機であるF200EXRのときから基本はカメラのEXRモードにお任せの撮り方をしています。
今回この辺で、どれだけ「はずれの少ない」撮影ができるのかどうかがポイントです。

ちなみに、写真は枚数は取れども、知識も技術もあるわけではありません。
単にポケットからだし、あまり考えずにスナップ写真を気軽に撮る、という、ごく普通の使い方なユーザーです。


 ※貼り付けてある写真は、すべて、縮小がかかっています。
  また、すべて手持ちで写真を撮ってあります。
  どの写真もフラッシュは使っていません。


では、撮影した写真です。
まずは、夕方、日が落ちた後のショッピングモール内です。

オリナス店内夕方

実際は明るい場所から多少暗い場所を移していますが、特にぶれもせず、撮影ができています。
店内の「明るさ」と、外に向けての暗さが見たイメージと同じように記録されています。

次に外に出て、外側からの写真です。
5月下旬の夜7時ごろですので、多少は外は明るくなっています。

オリナス外

手持ちで液晶画面を見ながらの撮影ですが、何枚かとったうちパソコンの画面でみて手ぶれが感じられるものはありませんでした。
これくらい暗い中でも「動いていないもの」についてはぶれずに取れるところがすごいところです。

次は、公園の遊具です。
公園の遊具

これもかなり暗い中で撮影していますが、動きのある人以外はぶれずに撮影できています。

次は公園内の街灯と植樹です。

公園の木

暗い部分と明るい部分(街灯に照らされた部分)が見たままに撮れています。

あまりこのように暗い場所で写真を撮ることは少ないのですが、人を撮らない限り、スナップとしてのクオリティーは高く撮影ができるようです。
(ただ、子持ちの父親としては、ここに子供も撮影するので、どうしても人の「動き」を意識しないといけないのですが・・)

最後に昼の写真です。
ビルとモノレール線

昼といってもやや暗い感じに写っていますが、ほぼ見たままの光景です。

2日ほど使ってみましたが、これ以外に子供の写真も枚数とってみて、F200EXRにくらべ、「失敗のすくない」カメラになったようです。
撮ったものを見てみて、ぶれや明暗で「失敗だ」とおもう写真が少なくなっているように感じます。

ただ、2日つかってみて気になった点として、「PC上で等倍でみると、のっぺりした感じになる」というのがあります。
縮小表示で見ている分にはとても満足できるものですが、等倍でみてみると、油絵のようなのっぺりした感じに見えます。
これは、いままでのF11やF200EXRではあまり感じなかった点です。
最初、細部のあまりののっぺり感(上記のようなくらい場所だけではなく、日が明るく差す公園でも)に、「あれ」と思いましたが、等倍でみることもあまりないのと、このようなコンパクトデジカメはすでに等倍で細部細かく見えることをあきらめたつくりになっている(と思われる)ことに気がついたので、良しとしました。

(というのも、ほかの候補だったカメラのサンプル写真も軒並みのっぺりだったので・・)
やはり、そこまで求めるのであれば、一眼レフのようです。

総論としては、スナップ写真に関しては、ほぼ満足のいく感じになっています。
次は、動画、特殊な機能について、使用感等をレビューできれば、と思います。

-------------------------------------------------------------------

楽天でFinePixF770EXRを探す

↓「デジカメ・オンライン 楽天市場」さん。アフターサービスがすばらしいと思ったら、「キタムラ」グループなのですね。




---------------------------------------------------------

関連記事

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

FinePix F770EXRの購入(F200EXRの電源不良とF770の初期不良交換と)

ここ2年ほど愛用していた、我が家のFinePix F200EXRが壊れてしまいました。

子供が小学校に通い始め、以前のように大量に写真を撮ることもなくなってきましたが、それでも毎週かならずお供に使っていたF200がついに電源系の不具合で動かなくなりました。

F200EXRバッテリーエラー
こんな感じのバッテリーエラーがでてすぐに電源が落ちてしまいます。

疑うのは、
 ・カメラの電源系
 ・バッテリー
 ・充電器
ですが、バッテリーは予備バッテリーを使っても症状変わらず。
接触の問題かと、充電器、バッテリー、カメラの電池ボックス端子を掃除しましたがやはり変わらず。
ということで、故障決定。となりました。

すでに保証期間は過ぎているため、修理にもそこそこの金額がかかるだろう、ということで、今回は新しいデジカメを購入することにしました。

思えばこのデジカメは、CCD異常で紫になったり、基盤の問題でレンズが引っ込まなくなったりと2度の修理を超えてきましたが、そろそろ退役のようです。

で、次期に選んだのは、FinePixの最新機F770EXRとしました。

SONYのサイバーショット DSC-HX30V、パナソニックのLUMIX DMC-TZ30とも迷いましたが、
 ・同等なスペックで価格が安いこと
 ・サイバーショット、LUMIXともに動画が強いが、動画は補助的な使い方しかしない(がっつり使うときはHandycamをつかう)
 ・FinePix F11、FinePix F200とFinepixを長年使い続け愛着があること。
 ・その昔(30年近く前)、子供のころクリスマスプレゼントで富士フィルムの35mmカメラをもらい、そのころから
  富士フィルムに愛着のようなものがあること
・F200EXRのバッテリーと型番がおなじ(NP-50)であるため、すでに3つあるバッテリーが流用できること
あたりが決めて(?)になり、今回もFinePixシリーズにすることになりました。


ということで、購入です。

まずは価格.comで最安値をしらべ、相場感をみます。ついでに、たまたま秋葉原に行く用事があったので、ヨドバシでも価格をチェック。価格.comの最安値が大体世の中的な最安値であることを確認します。
ここでAmazonあたりが最安値であればそれで決定ですが、最安値はよく見る店舗が並んでいます。

今回は、制限事項として、カードで買わなければならない(翌月の支払いにしたいかった)ため、これらの店舗では買わず、カード払いが可能な楽天で価格調査を行うことにしました。

で、最終的に価格.comの最安値から1000円弱高いが、ポイント+カード払い等を勘案すると、ほぼ最安値で購入可能となったデジカメ・オンライン楽天市場店さんで購入することにしました。
デジカメ・オンライン楽天市場店さんでは8000円以上は送料無料のため、デジカメの場合はほぼ確実に送料無料となります。
また、楽天では頻繁にポイントUPキャンペーンを行っているため、うまく利用すれば表示価格にくわえてポイントもためることが可能です。楽天トップの検索ボックスの直下にバナーで出ていますので、チェックするといいでしょう。

ということで、F770EXRを購入。土日の注文にもかかわらず、受付されてからその日に発送。翌日には商品が届きました。

FinePixF770EXR

で、お約束の動作確認です。
機能満載でいろいろ動作を確認していたところ、突然、レンズカバーが半開きになってしまいました。
FinePixF770EXR レンズカバー不良
もともと電源投入時にレンズカバーがカチャカチャいいながら開いていたので多少おや?と思ったのですが、何回か電源投入を繰り返すうちにこんな感じになりました。

ということで、修理もしくは初期不良交換をお願いするため、デジカメ・オンラインさんに、連絡です。

ホームページから問い合わせ用メールに、上記写真を添付の上問い合わせを行ったところ、その日の午前中に返信が来ました。それによると、初期不良交換を行うので、着払いで返送をしてほしいとのこと。もうすこしやり取りが発生するかと思っていましたが、とてもすばやい対応でした。
その後、デジカメを送られてきた箱にそのまま戻し(箱、緩衝材を捨てずに助かりました!)返送したところ、次の日には新品交換の上、発送していただき、結果、中一日で問題ないカメラと交換してもらえました。
ここまですばやい対応(ほとんどは配送の時間なので、対応時間は数時間)をしてもらえるとは予想外でしたので、うれしい限りです。

ということで、F770EXR、その使用感については、また別途書きたいと思います。

-------------------------------------------------------------------

楽天でFinePixF770EXRを探す

↓今回お世話になった「デジカメ・オンライン 楽天市場」さん。価格もさることながら、アフターサービスがすごくよかったです。




---------------------------------------------------------



関連記事

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

男の料理? ローストビーフをサーモスシャトルシェフで作る

日曜日、かねてより作ってみようと思っていたローストビーフを作りました。

ローストビーフですが、ローストするよりもジップロックで真空(?)状態にし、炊飯器等で保温することで簡単に調理できるとのこと。
とりあえず、炊飯器で調理しようと思いましたが、炊飯器を使うとご飯が炊けず、また、我が家の古くて小さい炊飯器では肉が入るかどうか不明だったため、昔購入しそのまま放置されていたサーモスのシャトルシェフを引っ張り出すことにしました。

ということで簡単な作り方です。

まず、肉ですが、近くのハナマサで購入してきました。100グラム98円程度のバラ肉で、900G弱のかたまり肉を購入しました。
大きさは大きいほうが熱が通り過ぎなくていいだろう、という判断で、近くのスーパーではなかなか売られていない500グラム超えの肉を選びました。
どうも調べるとばら肉よりももも肉のほうがいいそうですが、第一印象で油の具合がよさそうだったので、今回はばら肉にしてみます。

味付けは、あら塩、コショウ(白、黒ほかミックスされたもの)、すりおろしたにんにく(めんどくさいのでチューブ)を肉に刷り込みます。

ローストビーフ 味付け直後

で、このまま調理すると、冷えた肉は中まで火が通りづらいらしいので、味のしみこみを兼ねながら、4時間ほど常温で放置します。

で、放置するとこんな感じになりました。、
ローストビーフ 寝かした後

色が少し濃くなっているのと、写真ではわかりづらいですが脂分が全体的になめらかになっています。

次にフライパンで表面を焼きます。
トングを用いて、全体的に焼き色をつけていきます。

ローストビーフ 表面焼付け後

こんな感じです。
すでにこのまま食べたいくらいいいにおいがしますが、まだ表面だけなので、中身は生です。

さて、これをジップロックに包みます。
ジップロックには、肉とタイムを入れ込みます。タイムは近くのサミットで買ってきました。
(1パック100円強ですが、さすがに1/3も使い切れません・・・)
ジップロックのほうはというと、真空調理?というくらいなので、いろいろ調べるとストロー等で空気を抜かなければいけないようなのですが、いかんせんうまくいきません。酸欠になりそうだったので、そこそこ空気を抜いてあとは良しとしました。

ローストビーフ ジップロック封入後

さて、これをシャトルシェフに突っ込みます。
シャトルシェフのレシピサイトには、沸騰したお湯に水を加え(7カップのお湯に1カップの水)、温度を調整してから作る等ありましたが、ここら辺は適当に沸騰したお湯に適当(実際にはかなり少なめ)の水を加えて、その中に先ほどのジップロックを突っ込みました。
ローストビーフ シャトルシェフ投入

突っ込むと先ほど真空?にしたはずなのにかなりの空気が出てきます。
熱で膨張するからなのでしょうが、どうにもならないので、肉の部分だけはお湯に接するよう、空気を上のほうに寄せつつなべの中にしまいこみました。

で、このまま30分ほど放置です。

ローストビーフ シャトルシェフ料理後

放置するとこんな感じになります。
引っ張り出した瞬間、肉の縮み具合と固くなり具合がわかります。
一瞬、単なる茹で肉になったか??と心配になるほど変化があります。また、煮汁もかなりの量出ています。
すぐに切って確認してみたい衝動を抑えつつ、このまま30分ほど放置し、肉と汁を落ち着かせます。

で、30分後、どきどきしながらきったところこんな感じでした。
ローストビーフ 切り分け

立派なローストビーフです。思いのほかうまく行ったようです。
(よくよく考えるとローストではないような気がしますが・・)

さて、残った煮汁でソース(たれ?)を作ります。

先ほど肉を焼いたフライパンを洗わず、そのまま、煮汁、ワイン、醤油を加え煮立てます。
そのソースを先ほどのローストビーフにかけて、完成です。

さて、食べてみての感想ですが、もう、それはそれは完全にローストビーフです。
最初、このローストビーフに食らいつきたい、という欲求に負け、厚めに切ってみましたが、さすがに噛み切れませんでした。
(ただ、飲み込むときにぐっと来る満足感は得られましたが)
ローストビーフは薄くきり、上品に食べるとよいでしょう。
とにかく時間はかかりますが、手間はほとんどかからない、お手軽に楽しめる料理です。

ちなみに今回はたまたまサーモスのシャトルシェフが眠っていたので利用しましたが、炊飯器でもよいそうです。
また、多目のお湯を沸かし、肉を入れた後毛布等で包んで保温する、という手も使えそうな気がします。

とにかく簡単に作れ、かつ、おいしく食べられるというのはすばらしいですね。(安いですし・・)
ちなみに、用意した肉の半分(400グラム)は2人の娘が平らげてしまいました。これまたうれしい話です。

---------------------------------------------------------------




サーモス シャトルシェフ を楽天で探す


関連記事

テーマ : お料理
ジャンル : 趣味・実用

液晶画面の焼き付きを直す

先日、ふとしたことでパソコンの液晶画面をつけっぱなしにしてしまったところ
(いつもは一定時間で液晶ディスプレイの電源が切れるのですが、なぜかこの日は切れていませんでした)
液晶画面に焼き付きが発生してしまいました。

画面の焼き付きですが、昔のCRTならいざ知らず、液晶にもあるのか!とおもい、いろいろ検索したところどうやら、同様の現象は発生しているとのこと。
ただ、CRTの焼き付きとことなり、液晶の焼き付きは直りそうです。

ということで、今回直してみました。
(写真を撮ったのですが、うまく撮れなかったので今回は文字だけの記事です・・)

修復方法は以下のとおりです。
必要なものはWindows7に標準的にあるものだけですので、windows7であればどなたでも修復を試していただけるかと。

まず、画面サイズと同じ、いくつかの色のJPEG画像を用意します。
私はW241DGですので、1920x1200の画像をwindows7標準のペイントで作りました。
色は、液晶全開と全閉である、黒と白、それ以外に、青、黄、赤、緑を作成しました。

で、これを新しく作ったフォルダに格納し、これまたwindows7標準のスクリーンセーバーの「写真」を選択、その「設定」で先ほど格納したフォルダを選びます。
あとは、スライドショーの速度を「速く」を設定し、スクリーンセーバーを一時間ほどかけておくと、直りました。

ということで、ご参考になる方がいれば(いないか・・)幸いです。

続きを読む

関連記事

テーマ : パソコンな日々
ジャンル : コンピュータ

鶏のモミジ(鶏足)をなんとかして食す

気がつけば、GWも最終日。
何をやったかよくわからない、そんなGWでしたが、最後にいままで購入したくてもしてこなかったもみじ(鶏足)を購入し、食したいと思います。

もみじ(鶏足)はこんな感じで、安く売っています。
今回私が買ったのは、グラム38円でした。(それでも、妻からは高いといわれましたが・・・)
鶏足(モミジ)のパック
上記のようなパックを2パック買いました。

そんなわけで調理開始です。
今回はレシピ等あまり調べず、自由(?)な感じで行きたいと思います。

まずは、下ごしらえから。
もみじは鶏の二本の足の先の部分なので、とうぜんのことながら、爪がついています。
まずは、これが邪魔なので、キッチンバサミで切り落とします。

今回は、のちのち食べるときの抵抗も考え、娘2人に手伝ってもらうことにしました。
食育の一環ですね。
自分で調理したものは、多少見栄えが悪くても、多少味が悪くても食べてくれるものです。

ということで、爪を切って下味(塩コショウ)をつけるとこんな感じです。
鶏足(モミジ)を洗った後

ちょっと、見た目が悪いですね・・。

で、これをまずは燻製にします。
燻製はいつものイージースモーカーを利用します。
鶏足(モミジ)、イージースモーカーで調理前

全部は並びきりませんでしたが、指の部分がすかすかで煙や熱が通りやすいことを考慮し、少しぎゅうぎゅうに入れてみます。

で、あとは、いつものように燻製にします。

加熱時間は大体10分、保温時間が15分くらいでしょうか。ここら辺は適当です。

で、こんな感じになりました。

鶏足(モミジ)、イージースモーカーで調理後

さて、食べた感じですが、豚足の燻製?のような食感です。豚の耳の食感にも似ています。沖縄でよく売られている豚の皮のハム?のような感じですね。
ただ、味が塩コショウなのと、単に燻製にするにはちょっと硬いので、家族には多少不評でした。
(とはいえ、作った娘はおいしいと食べてくれましたが・・)

ということで、次に2品目として、もみじのから揚げといきます。
鶏足(モミジ)、から揚げ前

モミジ以外にも、鶏がら用の手羽先の先(!)という、これまた普通は食べなさそうな部位も一緒にから揚げにします。

あまり衣を着けすぎると食べづらそうなので、塩コショウとから揚げ粉を軽くまぶし、そのまま油で揚げます。

で、出来上がりはこんな感じ。
鶏足(モミジ)、から揚げ後

見た目はおいしそうです。
食べてみると、先ほどの燻製よりは、食べやすく、おいしく調理できました。とりあえず、何でも揚げれば食べられる、というよい証明です。
ただ、やはり食べるところが少ないので、どうしても労力の割には腹にたまらない、そんな感じになります。

で、やはり、だしに最適だろう、ということで、残りの1パックは、スープにすることにしました。

鶏足(モミジ)、煮こぼし前
まずは、もみじを軽く煮て、煮こぼします。

で、その後、酒、にんにく、しょうがを加え、煮ていきます。

鶏足(モミジ)、茹でる前

で、これを何時間か煮込んでスープにするのですが、今日は時間切れ(晩御飯の時間が)となりました・・。

ということで、続きはまた今度・・。




関連記事

テーマ : お料理
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

びょんびょん

Author:びょんびょん
びょんびょんの日々。いろんなもののいろんな感想を紹介。
http://ichinchiichigaku.blog.fc2.com/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



サイト内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。