スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

数年ぶりにとり皮を調理し食す

鶏肉が好きです。
昼食に行った店でチキンカツがあれば、必ず注文します。もしかしたら、鶏の油がすきなのかもしれません。

そんなわけで学生時代から、自炊するときは鶏肉率が高かったように記憶します。
(いや、単に安かったからかも・・)

で、そんな鶏肉好きでも、どうしても攻略しきっていない部位(?)
それがとり皮です。

とにかく安い(いや、最近は高いみたいですね。)
とり皮を学生時代はよく食べました。
あのころは、胃も強く、若かったので、あの油感を乗り越えていましたが、
果たして、30代半ばの胃で食べられるのか。
ということで、食します。

とり皮調理前
買ってきたとり皮はこんなかんじ

学生時代(10年以上前)は、グラム40円切っていたようなきがしますが、久々に買ったとり皮はグラム78円でした。
世の中デフレのなかで、とり皮だけはインフレ上昇中なのでしょうか。

まあ、そんなわけで、調理します。

調理方法は、あのころ(どのころ?)同様
(以下、レシピ、といえるかどうかはべつにして、レシピ)
 ・塩コショウ ・・少々
 ・から揚げのもと ・・少々(いや、少々しか残ってなかったので少々)
 ・日本酒 ・・ 少々
をとり皮に混ぜ、
あとは、フライパンでいためます。

最初は、強火で焦げ目をつけたあと、弱火で熱を通します。
とり皮調理中
時間をかけて火を通すと、次第にとり皮から油(きっと油)がでて、
その油で、揚げ物状態になります。

で、弱火で日を通すこと5分ほど。
もうちょっと通すとぱりぱりになりますが、今回は、柔らかな状態で食す事とします。

とり皮調理後
出来上がりはこんなかんじ

さて、久々に食べます。
たべてみると、味は上々。から揚げ粉の味付けに間違いがないことを実感します。
油がたっぷり出た後ですが、十分油っぽいので、ビールで流し込みながらすばやくいただきます。
(時間をかけると、箸がとまるため)

で、食後感ですが、
 ・やはり、30代半ばの弱った胃には、この調理法はきつい
 ・食べているときは、から揚げ粉のちからで食べられるが、食後30分ほどで、胃に強烈な存在感
 ・とっくに食べ終わっているのに、なぜか、ビールがつまみなしで、つまみありの感覚で飲める

ということで、やはり、まだまだ開拓の余地がありそうです。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

手回し式ダイナモLEDライトを購入

先日の震災で、計画停電が続いています。
電池も一時的に品切れになり、いつも何気なく手に入っているものが手に入らなくなることへの備えの大切さを感じています。

そこで、今回は、備えとして、手回し式のダイナモLEDライトを買ってみました。
Amazonで2100円です。東出漆器という聞きなれない会社さんの製品になります。
↓これです。
【手回し充電】ダイナモライト(携帯充電ケーブル付) 02-3525

購入後、幸いにして利用する事態にはなっていないのですが、ためしに使ってみての使用感です。

こんな感じの外観です。
手回し式ダイナモライト外観001

手回し式ダイナモライト外観002

手回しをだすと、こんな感じです。
手回し式ダイナモライト外観002

で、充電式、ということで、中身の充電池が何なのか気になり、分解してみました。
手回し式ダイナモライト内部

あける前は、単三のニッケル水素電池かなにかが入っているのだろうとおもい、ためしにエネループと交換してみよう、などと考えていたのですが、使っている電池は、「LIR2032」というコイン型(ボタン型)のリチウムイオンバッテリーでした。

検索してみると、上記電池ピンきりなのですが、とりあえずは単体で500円くらいはするもの。
(とはいえ、ほんとうにピンきりのようですが)
このダイナモライトに使われているものがピンなのか、きりなのかよくわかりませんが、そんな電池を使っているようです。

で、これの特徴ですが、
・手回し式充電なので、もちろん電池いらず。
当たり前ですが、不意の停電時に役に立ちそうです。
・充電池が入っているので、まわし続ける必要なし
よく、握っている間点灯するライトがありますが、これは、充電池がついていて、手回し分は充電されますので、まわし続ける必要はありません。1分間まわすと3~40分つくそうです(1灯の場合)
・1灯、3灯の明かりの強さが選べる
LEDが3灯ついており、1灯と3灯使い分けられます。まあ、充電がきれればまわせばいいので、3灯で使うことになると思います。
・携帯電話への充電が可能(となっている)
付属のケーブルで、FOMA、AU、SoftBankへの充電が可能です。
ためしにAU携帯へ充電しみてました。。が。。
どうも、手持ちの機種(W53H)では充電ができません。
ちなみに、これも試しにFOMA→Iphoneの充電変換アダプタ
↓これ
PLANEX FOMA・SoftBank 3G外部接続端子⇔iPod Dock充電変換アダプタ シリーズ
も利用してみましたが、Iphoneへの充電もできませんでした。
まあ、そんなに期待していない機能だったので、あきらめましょう。

ということで、まだまだいじってみようとおもうのですが、ご参考まで。

また、ためしに、楽天でダイナモライトを買ってみよう、という方はこちら↓
楽天のダイナモライト一覧(安い順)


 

関連記事

ベビーリーフの水耕栽培を100円ショップの容器とハイポニカで始める

以前より、興味があった、水耕栽培。

ペットボトル加工でやってみたりもしましたが、どうもうまくいきません。
ペットボトル加工で作った容器は、どうしてもマンションベランダでは風で倒れてしまい、
また、容器内の砂やハイドロボール等が風で飛んでいってしまいます。

ということで、この春は、100円ショップのプラスチックケース(網つきの2重構造のもの)
を利用してみることにしました。

100円ショップの台所用プラスチックケース売り場には、網目の内部ケースがついた2重のものがあります。
今回は、わけぎ保存用に売っていたケースを利用することにしました。

ケースのなかに、100円ショップのハイドロボールをいれ、その上に、さらに100円ショップで買ったみずごけをしきます。
こうすることで、保湿されるとともに、風でハイドロボールが飛ばないだろう、という計算です。

で、こんな感じになりました。
ベビーリーフの水耕栽培001


これは、種をまいてからだいたい2週間ほどのものです。
本葉もでてきました。
ベビーリーフの水耕栽培002


かなり密集していますが、すぐに収穫するので大丈夫(?)でしょう。

水耕栽培の肥料は、水耕栽培といえばこれ!という「ハイポニカ」を利用しています。
これです。
ハイポニカ

使い方は簡単で、1.5リットルのペットボトルに水をいれて、A液、B液をそれぞれキャップ半分ずついれて薄めます。
これで、1.5リットル分の肥料が完成です。
キャップ半分で1.5リットルできますので、相当長持ち(使いきれるのか・・・?)ですね。

楽天で1000円弱で売ってますので、ためすかたは下のリンク
「ハイポニカ」
で、安いお店をさがしてご利用ください。

個人的には、500ミリセットで十分だと思います。

さて、収穫時期がきたら、またアップします。







関連記事

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

鶏の軟骨(やげん)を食す

久々の更新。

昨日カレーを作るために、鶏がらを圧力鍋でゆでたところ、
鶏がらについていた、軟骨(正式には「やげん」と呼ぶらしい)がやわらかくおいしいことを発見。
とくに、娘たちは「コラーゲン!」といって大喜びで食べました。

ということで、本日は調子に乗って、「やげん」のみの煮込みです。

ところで、やげんとは、鶏の胸の軟骨だそうで、よく焼き鳥屋で見かけます。
今回は近くのスーパーでグラム120円で買ってきました。
(鶏肉としてはちょっと高いですよね・・)

こんなのです↓
やげん

ということで、これを圧力鍋でことこと煮てみます。
味付けは、適当に
 砂糖 ・・てきとう
 みりん ・・ てきとう
 日本酒 ・・ てきとう
 かつおだし・・ てきとう
 しょうゆ ・・ てきとう
ということで、適当に味付けです。

で、弱火で煮ること1時間強。。。

やげんにこみ

こんにゃくのような食感の、軟骨煮込みができあがりました。

関連記事

テーマ : おいしいものっ♪
ジャンル : 日記

プロフィール

びょんびょん

Author:びょんびょん
びょんびょんの日々。いろんなもののいろんな感想を紹介。
http://ichinchiichigaku.blog.fc2.com/

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



サイト内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。